ファン・ブロア・送風機のオーダーメイド品や特注機の設計、修理・メンテナンスのことならお任せ!ファン・ブロア・送風機.com

技術相談室
tel:03-3214-4721
fax:03-3214-4725




HOME
改善提案
ご仕様変更(風量・風圧)向上提案

ご仕様変更(風量・風圧)向上提案

ファン・ブロア・送風機の風量・静圧を左右する要因

風量・風圧向上提案のイメージファンブロア・送風機の基本的な性能は、風量と静圧によって決まります。ファン・ブロア・送風機は目標とする設計値を満たすように製造され、出荷検査を経て、現地で据付けられます。ところが、ファン・ブロア・送風機には配管などの様々は機器が接続されるので、そのエアーやガスが必要な箇所に十分な静圧と風量を届けられない、といったことが発生します。従って、ファン・ブロア・送風機を選定する場合には、システム全体を俯瞰し、抵抗を考えて選定することが必要です。

風量・静圧を能力どおりに発揮させる対策

風量・風圧向上提案のイメージ

ファン・ブロア・送風機を使用し、風量・静圧を最大限に発揮するためには、本体の能力を上げることはもちろんのこと、ファン・ブロア・送風機に接続されている配管などの抵抗を考慮する必要があります。上記の図面では、一般的に考えられるファン・ブロア・送風機に接続される機器の抵抗を示したものです。吸込側では直管や曲管の抵抗を考慮する必要があり、さらに吐出側においても曲管の抵抗、直管の抵抗、およびダンパの抵抗を考慮する必要があります。直管については抵抗が無いように考えられがちですが、その距離が長ければ長いほど圧力が低下します。

従って、ファン・ブロア・送風機においては、これらの直管・曲管・ダンパなどのすべての抵抗に打ち勝つだけの力(圧力)を考えて、能力の高いものを選定する必要があります。
なお、ファン・ブロア・送風機の風量を上げようとした場合には、モーターの出力・回転数、インペラー(羽根車)の仕様・大きさ・回転数、Vプーリー・ベルトの比率などの要素があり、もし既存のファン・ブロア・送風機の能力を上げたい場合には、ある程度部品を交換することで対応が可能です。しかし、大幅な静圧と風量の増大は、ファン・ブロア・送風機を増設するか、機種を変更し入れ替えるなどの対策を行うことが必要です。そのようなケースでは、ファン・ブロア・送風機の製造メーカーに問い合わせ、機種選定を行うことが必要となります。

現地性能測定いたします

改善事例

化学工場様向け高静圧型ターボファンを納入(新着情報)

工場・生産設備でご使用中の送風機の問題点や改造をお考えのお客様へ(新着情報)
他社製送風機更新案件紹介 図面や資料が社内に残っていなくても対応可能です(新着情報)

老朽化した既設送風機の更新は、朝倉機械にお任せ下さい(新着情報)

他社製送風機更新!ダクトの取合い合わせます!(新着情報)

他社製の送風機でも対応します。無料点検実施中(新着情報)

送風機更新時の仕様変更・調査(能力アップ・省エネ運転)のご提案(新着情報)
送風機振動調整作業(インペラーバランス調整)(新着情報)

 

kaizenmini1

kaizenmini2

kaizenmini3

 

 その他改善提案の一覧

kaizenmini4
kaizenmini5
kaizenmini7

ファン・ブロア・送風機でお困りなら、今すぐご連絡ください。tel:03-3214-4721 fax:03-3214-4725(メールフォームでのお問い合せはこちら)

page top